ページを印刷する

トピックス&お知らせ詳細

【受付中】令和2年度文化庁委託主任教員研修に係る担当講師育成研修の開催及び参加者の推薦依頼について(ご案内)※8/6研修日程を更新しました


令和2年7月31日掲載


 今年度当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。本普及事業においては本年度から「研修担当講師の育成」が義務付けられ,本主任教員研修内でも講師育成に取り組むものです。
 講師育成研修は、ほとんど行われておらず、貴重な機会です。また本研修に参加される方には、主任研修の集合研修に係る指導補助謝金、研修会場までの交通費をお支払いいたします。
 貴日本語教育機関において担当講師育成任研修に係る下記の参加資格を有する参加希望者がおられましたら、参加申込書に必要事項を御記入の上、8月14日(金)
までに、評価部あてFAX又はEメール(hyokabu@nisshinkyo.org)にお送りくださいますようお願いいたします。
なお、当協会の担当講師育成研修は告示校を対象としているため、告示校の教員でない限り研修の対象とはなりません。


- 令和2年度 文化庁委託
主任教員研修担当講師育成研修の目的 -
◎ 研修実施ファシリテート及び受講生への学習サポート
を担う次期主任研修担当講師の育成


~ 研修概要~

 ①当該主任研修のコンセプト、学習原理、研修概要についての講義

   令和2年8月29日(土) 10:00~17:00  [オンライン研修]

 ②ファシリテーションのスキル研修

   令和2年9月1 日(火) [オンライン研修]

 ③主任教員研修補助(対面集合研修)

   令和2年9月11日(金)・ 9月12日(土) [通い2日間]

   ※詳しい日程は別紙1をご参照ください。
   オンライン集合研修:9月下旬を予定 [1日間]
 ④査読スキル研修 小グループで行うため,グループ内で相談の上決定
 ⑤事後の自己研修

   






定  員

12名(参加者決定後改めて御案内します。)


参加資格 


(1)日振協の主任教員研修を過去に受講した方

(2)日本語教育機関の告示基準(法務省入国管理局 平成28年7月22日策定)第1条第1項第15号に規定する主任教員経験が豊富な方
         

参加要件 

(1)育成研修及び主任教員研修全日程に参加していただける方
(2) 今年度の主任教員研修の指導補助を務めていただける方
(3) 自宅のインターネット環境が整っており、ウェブ会議の参加経験がある方
(4) 次年度以降の主任研修において、研修の担当が可能な方

日  時 

対面集合研修:令和2年9月11日(金)・9月12日(土)【通い2日間】

オンライン研修:令和2年8月29日(土)・令和2年9月1日(火)・9月下旬を予定


会  場 
東京:TKP品川グランドセントラルカンファレンスセンター
大阪:TKP新大阪駅前カンファレンスセンター
セッションの講師を東京会場・大阪会場のどちらかに配置して両会場をインターネットでつなぎ、同時に研修を開催します。どちらに参加するか選択してください。



【新型コロナウイルス感染症予防対策に対する対応】

  ◇ 集合研修における「3密」(密集、密接、密閉)を回避します。

   ・研修室の最大利用人数の3分の1程度とします。

   ・研修室の席の間隔、受講者同士および講師間の間隔を確保します。

   ・研修室内の定期的な消毒・換気を実施します。

   ・懇親会等は行いません。

  ◇ 研修運営上においての対策を実施いたします。
   ・マスク着用を徹底します。

   ・各研修室には、手指消毒液を備え置きいたします。

   ・体温測定の実施(当協会で測定させていただきます。)。

   ・フェイスシールドを用意し、受講者同士および講師間の飛沫防止に努めます。

内 容 サイズ/枚 数 ダウンロード 用 途
・日振協通知・・2枚
  ・別紙1、研修日程・・1枚
  ・別紙3、参加申込書・・1枚
A4 /4枚 PDF 印刷してお使いください
・別紙3、参加申込書・・1枚 A4 /1枚 Word 保存して書き込みが可能です


令和2年度文化庁委託主任教員研修に参加希望の方はこちらをクリックしてください。



〔問い合わせ先〕
評価部 野田・塩原 Eメール:hyokabu★nisshinkyo.org(★印を@に置き換えてください。)TEL:03-5304-7815 / FAX:03-5304-7813
一覧へ戻る
ページの先頭へ