ページを印刷する

日本語学校教育研究大会           

  • APJLE7

    基調講演

  • APJLE6

    日本留学AWARDS表彰式

    <写真はR1年度の会場の様子です>

令和元年度 日本語学校教育研究大会

会 場: 8月2日 アクセス青山フォーラム(東京都港区)
8月3日~5日 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)
日 時:      2019年
プレセッション 8月2日(金)12:30~16:30
本 大 会  8月3日(土)10:00~17:30(交流会17:45~)
     8月4日(日)10:00~16:15
ポストセッション 8月5日(月)10:00~16:30
テーマ: 令和時代の新たな日本語教育 Ⅰ
NEW 講演「告示基準改正と日本語学校教育」会場からの質問への回答
講演「告示基準改正と日本語学校教育」(講師:橋本 健太氏(出入国在留管理庁 在留管理支援部在留管理課 留学審査係長))において、会場参加者から寄せられました質問への講師の回答を協会ホームページに掲載しました。

《会場からの質問への回答》

NEW 講演「現場の日本語教師に知ってほしい!」会場からの質問への回答   
講演「現場の日本語教師に知ってほしい!~文化庁の日本語教育施策と審議会の審議状況~」(講師:増田 麻美子氏(文化庁国語課 日本語教育専門職))において、会場参加者から寄せられました質問への講師の回答を協会ホームページに掲載しました。

《会場からの質問への回答》

分科会「今、話題のCEFR. A2って何?」会場からの質問への回答
分科会「今、話題のCEFR. A2って何?」(講師:奥村 三菜子氏)において、会場参加者から寄せられました質問への講師の回答を協会ホームページに掲載しました。

《会場からの質問への回答》

日本留学AWARDS

令和元年度の投票は終了しました。
ご協力ありがとうございました。

2019年「日本留学アワーズ」結果発表

日本留学AWARDSウェブサイト

日本留学AWARDS facebook

令和元年度実施概要
令和元年度日本語学校教育研究大会は、日本語教育機関132校409名、文部科学省、関係各種団体、大学、出版社等からの参加者94名、合わせて 503名の方が参加し、大変好評のうちに終了しました。

実施要項(PDF)

大会趣旨(PDF)

日程(PDF)

過去の開催概要
日本語教育機関の学生の指導及び支援並びに実践的な展開能力について研究協議を行い、教職員の資質向上を図るため、「日本語学校教育研究大会」を平成元年度以降毎年実施しております。

大会の運営について(PDF)

特別講演(PDF)

シンポジウム(PDF)

本大会を応援・協力いただいている機関・企業様

ページの先頭へ