ページを印刷する

賛助会員ご加入のご案内

令和2年4月

  • Ⅰ 賛助会員ご加入のお願い

     一般財団法人日本語教育振興協会(以下「日振協」という。)は,留学生30万人計画を達成した我が国において,日本語教育機関の水準向上を図るとともに,海外から日本語教育機関への留学を希望する者に必要な情報の提供等,安心して勉学に専念できる環境づくりに取り組むことにより,大きな役割を果たしています。


     日振協の維持会員等である日本語教育機関においては,海外103か国・地域から約4万人の留学生を受け入れて質の高い日本語教育を行うとともに,生活支援,進学・就職支援などに取り組んでいます。また,日振協においては,維持会員校とともに更なる水準向上を図るため,日本語教育機関のための教育活動評価及び第三者評価を実施しております。併せて,教職員に対する様々な研修・セミナーや日本語教育の振興に資する調査研究など必要な各種事業に取り組んでいます。


     また,新型コロナ感染症への対応として、全国の日本語教育機関へ情報を発信するとともに関係省庁並びに各政党等に日本語教育機関の要望事項(在留資格認定証明書の有効期間の延長、4月期生10月期生の締切りの延長等)を説明し、関係機関に働きかけ実現を図っております。さらに、日本語教育機関6団体の要望書取りまとめ、各政党や国会議員等へ要望書を提出しております。

     このような状況において,日振協では,当協会の目的に賛同し,当協会の各種事業を賛助していただける賛助会員を募集しています。

     つきましては,企業、法人・団体、大学・専門学校等の皆様(以下「団体会員」という。)及び日本語教育に関心のある一般個人の皆様(以下「個人会員」という。)におかれましては,ぜひ賛助会員として日振協の事業にご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

     日振協の賛助会員となり,その特典を活用することによって,貴団体会員の事業の発展につなげることも可能であると思料します。賛助会員の特典等をご覧の上,ご検討いただき,ぜひご入会いただきますようお願い申し上げます。



    ○当協会の主な事業

    1. 日本語教育機関の質保証のための評価事業の推進
      • 日本語教育機関の教育活動及び運営全般の質的水準の向上を図るため,質保証システムとして,教育活動評価事業及び第三者評価事業を実施
      • ISO29991(公式教育外の語学学習サービス―要求事項)の認証機関と連携し,当協会の第三者評価事業とISO29991の同時申請による認証取得を支援
    2. 日本語教育機関の水準向上のための研修会・研究会等の開催
      • 文化庁委託事業「2020年度日本語教育の人材養成及び現職者研修カリキュラムの開発・活用事業」の初任教員研修事業と主任教員研修事業の受託による,全国展開の普及予定
      • 日本語教育機関の役員,教員,事務職員を中心に日本語教育の充実及び留学生の受入れ・生活指導等の向上を図るため,研修の見直し改善を図り,以下の研修等を開催
        ①日本語教育機関トップセミナー,②日本語学校教育研究大会,③日本語教育機関事務統括職員研修会,④生活指導担当者研修,⑤外国人材生活支援等担当者実務研修,⑥申請取次者講習会
    3. 日本語教育機関の支援事業

      (1)新型コロナウイルス感染症への対応

        新型コロナウイルス感染症の対応について,全国の日本語教育機関へ情報を発信するとともに関係省庁並びに各政党等に日本語教育機関の次の要望事項を説明し,その一部は実施されているが,今後引き続き,関係方面に働きかけ実現を図る。
        ①感染拡大防止のための臨時休校 感染拡大防止のための留学生の自宅待機の告示基準上の取扱い
        オンライン授業の実施
        在留資格認定証明書の有効期間の延長
        4月期生,10月期生の締切りの延長
        日本語教育機関の休業に伴う教職員,非常勤講師の休業手当・賃金の一部を雇用調整助成金による助成
        日本語教育機関への融資など支援措置の拡充
        日本語教育機関に対する国からの連絡体制の整備

        (2)日本語教育機関への留学生等の適正な受入れの促進・在籍管理

      • 留学生の適正な受入れを促進するため,内外の関係機関と密接に協議
      • 新たな中国の認証機関(中国教育部全国高等学校学生信息咨詢与就業指導中心(CHSI))と合意に基づき,大学入学統一試験成績証明書等必要な認証項目について認証を実施
        また,当協会とベトナム教育訓練省国際教育協力局との間で協定し実施しているベトナムの認証システムの一層の利用促進を図り,定着化を推進
      • 日本語能力試験の早期成績照会の実施
      • 留学生の募集・選考,在籍管理等のより一層の適正化を促進
      • 日本語学校学生災害補償制度の加入希望者の取りまとめ及び普及促進

        (3)日本語教育機関及び日本語教育に関する情報提供

      • 協会の各種活動や維持会員校の取組が広く社会に認知されるように,プッシュ型情報配信の活用など広報体制の見直しを行い,情報発信力・広報力の強化
      • ICTの活用により日本語教育機関及び日本語教育に関する最新情報を協会ホームページ及び「日振協ニュース」(電子版)の配信により情報提供の充実を図る。

        (4)日本語教育機関に関する調査・研究・開発

      • 日本語教育機関の実態調査について調査項目の見直しを行って実施し,その調査結果の概要を作成・配信
      • 日本語教育機関における刑法犯や所在不明等の状況を毎月点検し,指導

        (5)日本語教育機関と大学,専門学校,企業,地方公共団体,関係機関等との連携協力の推進

      • 大学,専門学校の関係団体と留学生の進学,日本語教育,在籍管理等について協議・連携
      • 介護福祉士,技能実習生,特定技能外国人,定住者等の日本語教育について,関係各省,地方公共団体,企業,関係機関との連携の推進

        (6)維持会員活動等に対する支援

      • 地区維持会員協議会の開催
      • 各地区維持会員協議会の活動に対する支援
      • 日振協ビジネス日本語準拠プログラムの基準に適合するプログラムを登録する事業を見直して推進
      • 維持会員及び準会員の日本語教育機関における日本語教師の採用を支援するため,協会ホームページの日本語教師求人情報ページの運用
    4. その他目的を達成するために必要な取組み
      • 日本語教育の推進に関する法律の公布・施行に伴い,附則の検討事項(第2条)である日本語教育機関の制度の整備が,速やかに実現できるよう政府並びに日本語教育推進議員連盟等へ要望
      • 維持会員,準会員及び賛助会員の更なる確保

    Ⅱ 賛助会員の特典


  • 【団体会員】

    1. 団体会員の広報

      団体会員の名称,ロゴマーク,事業概要等を日振協のホームページでご紹介します。

    2. 「日振協ニュース」のメール配信による情報提供

      毎月「日振協ニュース」のメール配信します。

    3. 日本語教育機関の留学生の動向に関する情報提供

      日振協認定校の留学生の国別在籍者数,高等教育機関への進学状況(機関別進学者数,各国別進学率等),在留資格認定証明書の申請・交付状況などの情報を提供します。

    4. セミナー・研修会等への参加

      日振協主催のセミナー・研修会等(一部を除く。)に会員料金で参加できます。

    5. 刊行物等に広告掲載

      日振協の各種刊行物等に会員料金で広告を掲載できます。

    6. 団体会員主催イベント等の広報

      団体会員主催イベント・セミナー等のうち日本語教育機関にとって有益なものを日振協から維持会員校に情報提供します。

    7. 団体会員主催イベント等への後援等

      団体会員主催イベント・セミナー等のうち日本語教育機関にとって有益なものを日振協が後援・協力できます。

  • 【個人会員】

    1. 「日振協ニュース」のメール配信による情報提供

      毎月「日振協ニュース」をメール配信します。

    2. 日本語教育機関の留学生の動向に関する情報提供

      日振協認定校の留学生の国別在籍者数,高等教育機関への進学状況(機関別進学者数,各国別進学率等),在留資格認定証明書の申請・交付状況などの情報を提供します。

    3. セミナー・研修会等への参加

      日振協主催のセミナー・研修会等(一部を除く。)に会員料金で参加できます。


    Ⅲ 年会費


     年会費は,次のとおりです。なお,年会費は4 月から翌年3 月まで有効です。


    団体会員: 1口 5万円で1口以上
    個人会員: 1口 1万円で1口以上

    Ⅳ 入会手続き


     賛助会員へのご加入を希望される場合は,まず日振協事務局までご連絡をお願いいたします。事務局から賛助会員の詳細及び入会手続き等についてご説明申し上げます。


    問い合わせ先


     詳細はこちらをご覧ください。

      賛助会員規程(PDF)

      本文(ご加入のご案内 PDF)


     〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-58-1石山ビル2階

     一般財団法人 日本語教育振興協会 事業部 渡部 慎二

     TEL: 03-5304-7815 / FAX: 03-5304-7813電話 03-5304-7815

     URL: https://www.nisshinkyo.org  Eメール:info@nisshinkyo.org


    ページの先頭へ